?

車を売る おすすめ

一番高く車を買い取ってくれる業者は?

自動車ディラーに努めていたヨシオです!

男性

初めまして、15年間自動車ディラーに努めていたヨシオ(40才)です。

 

両親が田舎で農業をやっているんですが、結構な高齢で・・・。

 

「もう75才で厳しい、後を継いでくれ・・」と泣きつかれました。

 

やはり代々引き継がれてきてる農家です。

 

やり甲斐のあった会社を退職して今年から農業を営んでいます。

 

でも車が好きで、車に関わる事をやりたいなと思っていました。

 

それで思いついたのが愛車を少しでも高く売る方法を伝えたら喜ばれるなと思いサイトを作りました。

 

15年努めたディラーのノウハウがあるので、一番高く売れる方法をよ〜く知っています。

 

少しでも喜んでもらえるよう、ぜひ参考にしてくださいね。

一番高く売る方法

一括査定を利用する

 

多くの中古車買取専門店に一括見積もりを依頼する。

 

業者同士で競争させることで査定価格を高くできる。

 

地域によって車の色デザインなどで人気も違うし値段も変わる。

 

相見積もりを多くすることで結果的に愛車が高く売れる。

 

 

ナビクル1

比較

比較

比較

比較

※上記査定は、一例です。

車買取一括査定のおすすめ業者

案内人

ナビクル車査定
ナビクル

 

 

・中古車の買取査定サイトの決定版!!
・簡単な車情報の入力だけで、最大10社に一括で見積もり。
・あなたの中古車の最高額が分かります。

 

 

≫無料査定はこちらから

 

査定業者 所要時間 知名度
最大10社 60秒 ★★★★★

 

案内人

ズバット車買取比較

 

 

・累計150万人以上の利用実績で安心。
・わずか45秒ほどで登録が完了できて簡単です。
・カスタマーサポートがあり安心して利用できます。

 

≫無料査定はこちらから

 

査定業者 所要時間 知名度
最大10社 60秒(9項目) ★★★

 

案内人

カーセンサー.net

 

 

・リクルートが運営、知名度の高い車買取査定サイトです。
・車種の車買取情報・査定おすすめ情報をチェックできます。
・携帯で24時間いつでも見積もり依頼が可能です。

 

≫無料査定はこちらから

 

査定業者 所要時間 知名度
1000社以上 約3分 ★★★★

 

案内人

ユーカーパック

 

 

・地方の中古車販売店など最大2000社の業者が登録
・わずか30秒で無料見積もりができます。
・ローラがイメージキャラクターで人気急上昇。

 

 

≫無料査定はこちらから

 

査定業者 所要時間 知名度
2000社以上 約30秒 ★★★★

車買取一括査定で困ること

営業の電話

一括査定をした場合、一番困るのが複数の業者から電話がかかってくること。

 

休日ならまだ良いですけど、働いてる時間帯の電話だと面倒ですね。

 

複数の業者から査定見積もりの電話がくるので、それが嫌な方には向きません。

 

でも多くの業者から査定見積もりをもらえるので、比較して一番高く買い取ってもらえます。

 

電話が気にならず、一番高く買い取ってもらいたい方は、ナビクルなどで一括見積もりしてもらうほうが高く売れるでしょう。

 

ご自身で中古車販売店に査定してもらう場合、何店舗も廻らないといけませんよね。

 

その労力と時間、ガソリン代がムダです。

 

他に方法は?

 

ユーカーパックだと仲介に入ってくれるので複数の業者から電話がありません。

 

買取業者の買い取り価格をまとめて、ユーカーパックの一社のみ連絡がもらえます。

 

自宅での出張査定や取次店となっているガソリンスタンドなどで査定してもらえます。

 

後は、ユーカーパックの査定情報を見てオークション形式の入札になります。

 

希望通りの金額で納得すれば、最高額の買取業者に連絡して車を引渡すことになります。

 

ユーカーパックが、車を引渡す前に売却代金を預かっているので安心です。

故障車や事故車の買取店

事故車

 

事故や年式が古くなったボロボロの車。

 

もしかして、お金を払って処分していませんか?

 

実はどんな車でも高価買い取りしてくれる業者があるんです。

 

日本車は故障が少ないので海外で高評価を受けています。

 

そして車検でもしっかり整備されています。

 

年式が古くても走行距離が多くても、新興国などには需要があり人気が高いんです。

 

電装機器や液晶パネル、ホイールなど使用可能な部分をパーツとしても再利用しています。

 

破損した車でも、ボディを鉄やアルミに分別してリサイクルしています。

 

資源として再利用するして価値を生み出しています。

 

どんな状態の車も0円以上で買い取れるのは、こういった理由からなんです!

 

廃車寸前だと、廃車の費用を自己負担しなければなりませんよね。

 

でもカーネクストなら、その費用も必要ないので助かりますよね。

 

⇒ カーネクスト公式サイト

車を売る前に準備する書類

一括査定前に準備しておくと便利なものがあります。

 

@車検証
車検証
ダッシュボードに入っている書類です。車検証には、所有している車両の詳細な情報が記載されています。

 

A自賠責保険証
自賠責保険証
必ず加入している保険です。「加入した記憶が無い・・?」なんてことはあり得ません。
車に乗る方は、必ず加入しています。車検証と一緒にしているのが一般的です。

 

B印鑑証明書
印鑑証明書
「市役所で印鑑証明書を作成したい」と伝えれば早急に作成してくれます。
平成29年1月4日から、印鑑登録証明書のサイズがA5からA4に統一されています。

 

 

取得方法や場所が分からないときは、地元市役所のホームページで確認してみて下さい。

車のキズは査定前に修理する?

車を売るときに、キレイに洗車したりキズを修理したりする方がいらっしゃいます。

 

洗車や室内の掃除は喜ばれますが、キズの修理はやらない方がいいんです。

 

キズの修理を依頼していくら費用がかかりましたか?

 

買取業者は、自社の修理工場や提携している修理工場があります。

 

ほとんど費用をかけないで修理ができるんです。

 

差額を考えると、そのままの状態で査定してもらう方が高く売れることになります。

 

車買取メーカー
トヨタ自動車日産自動車本田技研工業マツダSUBARU三菱自動車工業スズキいすゞ自動車・その他(外車)

 

愛車を売るにあたって

私は基本的に車を売る時は新しい車を購入する時なので、新しく車を買う先のディラーさんに売る車の査定をお任せしているのですが、私の妹夫婦曰く、それは絶対に損をしていると指摘をされました。

 

妹夫婦が近所は他県で生活をしているので、なかなか普段は行動を共にできないので、車を買うにあたり良いアドバイスをもらっても、それを実行できずにいます。
まず、妹夫婦も車が大好きな上に、夫婦で別の車を所有しているので、車の売り買いに関してはそれぞれはとても詳しいのです。

 

先日、2泊で妹の家の泊りに行きましたが、その時に、妹の夫が新しく車を購入するというタイミングだったので、どんな風に古い車を処分するかを見させてもらいました。まず、一括サイトに見積りをしましたが、早いところだとその日のうちの連絡があり、遅くとも翌日には車種、年式、走行距離、傷などを大まかにしらせたことで、見積りを出してくれたのです。

 

それぞれに見積り金額が微妙に違ったのですが、結果的に、一社に絞り後日、車の買取をしてもらったと報告を受けました。
次回、私が車を売るときにはその時の流れを参考にさせてもらうと思いました。

 

車が高くならない理由を知ったこと

私は車を頻繁に使って処分も考えています。最も困るのがどこにも自家用車が売れない時です。以前も車が売れなかったので家族で悩みました。
具体的には古い車で売れなかったのだと思います。家族では同じ車を10年くらいは使うのが普通です。しかし10年も経過すると売れないケースが多くなります。
理由は車の流行が大きく変化しているからです。実際に自家用車を売ることを考えて動いた時は、車が古くなっていて人気も落ちていました。それで非常に低い査定結果を出された経験があります。
私は自家用車を売るなら早い段階で行動すべきだと思います。以前は行動が遅れて売れなくて悩みました。駐車スペースもないので無料で廃棄できる場所を探しました。
こういう状況で自家用車を売りたくても判断に迷うことが多かったです。実際に売った時は知り合いの店でおまけもしてもらいました。かなり厳しい状況だったので相手も同情してくれました。
このように自家用車を売る時はタイミングが大事だと思っています。

 

自家用車の査定で価格が低かった出来事

私は以前に大事な車を売るために中古店に行きました。その車は家族も使っていて軽自動車でした。また5年以上は乗っていたので心配もありました。
それを売る時は扱ってくれる中古店が少なかったです。例えば持っていくと駄目だと言われて困りました。売る時は中古店も慎重に選ぶべきです。そして古い車なら価格には期待してはいけないです。
私はその車を売る時に査定額が低くて驚きました。軽自動車で何度も乗っていたので低いのは当然でした。またプロの査定では故障した部分や修理跡も考慮されていました。
確かにその車は家族が自分で修理をした部分がありました。エンジンや内装も改造してあったので売る時は焦りました。新品とは程遠い状態で売れないという考えは正しかったです。
しかし家にあっても邪魔なので安い価格で売りました。頻繁に見る10万円くらいの中古車という結果です。また売る時はもっと安かったので後悔しています。この時はもう勝手に車をいじらないようにと考えました。

 

買取業者の査定作業バッティング

車を売ろうと考えたとき、近頃ではインターネットの見積り比較サイトを利用する人が多いと思います。インターネットで査定依頼の手続きを済ませた途端、近隣地区のひと通りの取り扱い店から即電話が入り始めたのにはビックリしました。結局、対応が良くて査定日時の都合が合った業者3社に来てもらうことになりました。一日で作業を済ませてしまいたいと思ったので、同じ日に時間をずらしてアポイントを取ったのですが、最初に来た一社がまだ査定している間に2つめの業者が到着してしまいました。結局、双方の会社の査定をお互いに立ち会う形になりました。担当者同士で互いの会社の紹介したり、車の話をしたりもして、和気あいあいとした雰囲気の中、査定作業はスムーズに進みました。互いの査定額を見比べ「ウチには出せない金額だ」と片方の担当者が言ったため、私もだいたいの相場観を掴むことができました。うまい具合に二つの業者が立ち会う形になったため、競争意識が発生したかもしれません。

 

初めて査定したときのこと

6年間乗っていた日産のモコを一括査定を利用して売りました。あまりきれいに乗ってなくて走行距離7万キロ、車検直前です。そして、何の予備知識なく車見積もりサイトを検索して出てきたサイトに情報を入れました。そして、入力項目は年式、グレードなどよくわからない項目たくさんあって戸惑ったのですが、車保険証に細かく書いてあって、それ見ながら入力したのです。そして、確認画面後の送信ボタンを押し10秒立たないうち電話なったのには驚きです。時間は夜10時で、てっきり翌朝営業時間9時過ぎぐらいにかかってくると感じました。初めの業者は車拝見したいといったことで何月何日何時ごろどうかと時間提案してきたのです。そして初めの業者の電話切ったら入れ替わるようにすぐ電話なったのです。出ればまた別業者でした。そして、こちらも車みたいということでしたが、はじめのぎょすはと現地査定の約束したこと告げればじゃあ私も同じ時間うかがわせていただきますと向こうから合い見積もり提案してきたのです。

 

車の色で価格が違う

FITというHONDAの車を売却した時の話ですが、実はFITが出たての時色について自分は黒がよかったのですが、どういう訳か水色になってしまいました。後に解る事ですが、色によって売却価格が変化するという事です。

 

FITは赤が一番値段が安く、黒が高かったのですが理由として、赤は市場に結構あった事。黒は市場にあまり出回ってなかった事。出た時に不人気だった色が、後に価値が出てくるという事だったらしいです。新車の場合、色を自分で選ぶ事が出来ますが中古はそもそも、あるものが色として決定されています。つまり色と車を探す必要があるのです。

 

黒を欲しい人がその市場に数が少なければ価値は上がる。しかしこうした事は後になってみないと解らないものです。そもそも、後に価値が上がる事を前提に買う人は中々いませんね。どうしても自分の好みが前提です。そういう情報が一般の人には、あまり入らないのもこうした売却で失敗する事もある訳です。詳しい人と知り合うのも一つの手ではないかと思います。

 

ディーラーの提示額に愕然!

私自身が驚いたのは、ディーラーのあまりにも安い査定額です。もう数年前のことになりますが、まだまだ十分に価値があると思える私の愛車を売りに出した時に思いっきり安い金額の見積もりをもらうことになってしまったのです。
私が買取ってもらおうとしていた車は、新車で140万円ほどしていた車であり、乗ってからまだ、4万キロぐらいしか走行していなかったため、少なくても80万円くらいの査定になるかと思っていたのです。しかしながら、蓋を開けてみたら僅か40万円ほどの査定額だったため、私は憤りを感じることになりました。その後、車に詳しい同僚に相談したところ、ネット買取をした方が良いというアドバイスをもらいました。
そしてその通りにネット査定を申し込んだところ、約75万円ほどの査定をつけてくれるサイトがあったため、速攻でその業者に売却することにしました。正直いって、同じ車でもそこまで差が生じるものかと思いましたが、まずまずの満足感を得ることができました。

 

ディーラーでの買取り経験

以前引越しを機会に、所有していたマツダのアクセラを売りました。購入時、マツダのディーラーにて、中古で買った車です。前の保有者の方が、2年しか乗っていなかったため、ほぼ新車同様綺麗でした。
社会人になり、初めて保有した車ということもあり、慣れない道で何度か車体を擦ってしまっていました。そのため、目立つ傷もいくつかついた状態で売りに出したので、売値に関しては、正直期待していませんでした。
ひとまず、購入したディーラーに連絡して、下取り価格を出していただきました。先にも述べた通り、期待していなかったこともあったので、価格を提示されたときには、とても驚きました。大きな傷がつきながら、60万円以上の査定をしてもらい、購入時の約半分の価格で売ることができました。
近くの中古車ショップもありましたが、ここまでの金額提示は、そうそうないと思ったので、その場ですぐ売ることにしました。思ったよりも、高値で買い取ってもらったので、得した気分になりました。

page top